MENU

「二日酔いに効く薬やサプリ!予防するにはどれがおすすめ?」

 

ついついお酒を飲み過ぎてしまった次の日の二日酔いは悩みの種ですよね。特に普段あまりお酒を飲む機会が少ない人や、体質的にお酒が飲めない人は症状が重く出てしまい困ってしまいますよね。

 

二日酔いを予防する方法はいろいろありますが、確実に予防するには二日酔い予防専用の医薬品の力を借りてみるのもおすすめです。

 

今回は、二日酔いの基礎知識と二日酔いを予防できる医薬品についてご紹介していきたいと思います。

 

二日酔いの症状と原因

二日酔いとは、お酒を飲んだ翌朝に頭痛や胸焼けなどの不快な症状が現れる状態です。飲酒量がとにかく多かったり、睡眠不足や風邪気味など、万全な体調でなかったりすると、二日酔いの症状はひどくなり、急性胃炎や動悸など全身症状を引き起こすこともあります。どうして二日酔いは起こってしまうのでしょうか。

 

アセトアルデヒドの影響

アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドは体にとって大変有害な物質です。お酒を飲みすぎることにより、アセトアルデヒドの分解が追い付かず、体に翌朝まで残ってしまうことによって、血管を膨張させ、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状がひきおこされるのです。

 

脱水

アルコール分解にはたくさんの水分を必要とします。そのため、お酒を飲み過ぎてしまったり、濃いお酒を飲んだりすると、それを分解するために多くの水分が失われます。また、アルコールには利尿作用もあるので、水分は尿としてもどんどん排出されてしまうのです。これらの原因によって脱水症状となり、頭痛や吐き気といった二日酔いの症状を引き起こすのです。

 

低血糖

お酒を飲みすぎると、大量のアルコールを分解しなければならず、肝臓はその作業に追われてしまいます。肝臓は活動のエネルギー源である糖分を生み出す役割も果たしていますが、そちらに手が回らなくなり、低血糖症となってしまうのです。頭痛や吐き気、倦怠感といった二日酔いの症状は低血糖症の症状でもあるのです。

 

胃酸の増加

アルコールは胃を刺激して胃酸の分泌を促進する作用があります。胃酸の量が多くなると、吐き気や頭痛、下痢といった二日酔いの症状を招いてしまうのです。

 

ちなみに、胃酸が多く分泌されている状態のまま寝てしまうと、胃酸が食道を通って喉のほうまで流れてきてしまうことがあります。胃酸が食道を傷つけて、逆流性食道炎を招いてしまう可能性もありますので十分に注意しましょう。

 

酔いのメカニズム

飲酒によって体内に取り込まれたアルコールは、胃を通過する時に全体の2割、小腸を通過するときに全体の8割が吸収され血流に入り込みます。アルコールは血流に乗って門脈から肝臓に取り込まれ、分解されます。アルコールの分解には時間がかかるため、分解されなかったアルコールは再び血流に戻り、全身に行きわたります。だいたいアルコールを摂取してから30分から1時間が経過するころ、このアルコールが脳にまで行きわたります。これにより、脳の機能に麻痺が起こり、酔いの症状が現れはじめるのです。肝臓が一度に分解できるアルコール量は決まっているため、飲酒量が増えると、分解できなかったアルコールが血流に乗ってどんどん脳へと到達します。これにより、脳内のアルコール濃度がどんどん上昇し、脳の機能は次々に麻痺してしまい、酔いの症状がひどくなるのです。

 

酔いは血中アルコール濃度に比例する

血中のアルコール濃度に比例して、酔いの症状もひどくなります。

 

血中アルコール濃度が0.04%までは爽快で楽しく陽気な状態で、判断力が徐々に鈍り始める程度です。症状も皮膚が赤くなる程度にとどまります。

 

血中アルコール濃度が0.05%を超えてくるとほろ酔い状態となり、体温が上がったり、脈も速くなり始めたりします。この時脳は、理性を司る大脳新皮質の活動が低下し始めます。

 

血中アルコール濃度が0.1%を超えてくると、脳内の網様体にまで麻痺が及ぶので、酩酊状態になり始め、本能や感情を司る大脳辺縁系が活発になることによって、気が大きくなったり、怒りっぽくなったりしてきます。

 

血中アルコール濃度が0.15%を超えてくるとかなりの酩酊状態となり、何度も同じことを言ったり、呼吸がはやくなったりし始めます。この時麻痺は小脳まで及ぶので、千鳥足になってしまいます。

 

血中アルコール濃度が0.3%を超えてくると、記憶の中枢である海馬まで麻痺が達するので、現在の自分の状況を記憶できなくなってきます。もはや意識もはっきりしなくなり、泥酔状態になり始め、まともに立つことさえできなくなってきます。

 

血中アルコール濃度が0.4%を超えるような場合には、脳全体に麻痺が広がってしまうので、意識は完全になくなります。呼吸の中枢である延髄にも麻痺が及ぶので、命の危険すら出てくる状態となってしまうのです。

 

ちなみに、血中アルコール濃度に対応する飲酒量の目安は以下の通りです。(ビールは中瓶)

 

  • ビール(〜1本)・日本酒(〜1合)・ウイスキー・シングル(〜2杯)程度
  • →血中アルコール濃度:〜0.04%
  • ビール(1?2本)・日本酒(1?2合)・ウイスキー・シングル(3杯)程度
  • →血中アルコール濃度:0.05〜0.10%
  • ビール(3本)・日本酒(3合)・ウイスキー・ダブル(3杯)程度
  • →血中アルコール濃度:0.11〜0.15%
  • ビール(4?6本)・日本酒(4?6合)・ウイスキー・ダブル(5杯)程度
  • →血中アルコール濃度:0.16〜0.30%
  • ビール(7?10本)・日本酒(7合?1升)・ウイスキー・ボトル(1本)程度
  • →血中アルコール濃度:0.31〜0.40%
  • ビール(10本以上)・日本酒(1升以上)・ウイスキー・ボトル(1本以上)程度
  • →血中アルコール濃度:0.41〜0.50%

 

酔いは純アルコール量に比例する

お酒の種類に依るのではなく、お酒に含まれる純アルコール量に比例して酔いも進みます。

 

純アルコール量は、以下のように求めることが出来ます。
純アルコール量(g)=容量(ml)×アルコール度数(%)×0.8(アルコールの比重)

 

ちゃんぽん飲みは酔いやすくなると耳にしたことはありませんか。ちゃんぽん飲みは、お酒の種類が変わることによって、口当たりが変わることから、一種類を飲み続けるよりもより多くお酒を飲んでしまいがちになることから酔いやすくなるだけであって、どのような種類のお酒を組み合わせたとしても、純アルコール量の合計が同じであれば酔いも同じ程度となるのです。

 

ちゃんぽん飲みをすると、今自分が何をどれくらい飲んだのか把握しにくくなるのも、酔いやすくなってしまう原因といえるでしょう。

 

ちなみに、代表的な酒類の純アルコール量は以下の通りとなっていますので、参考にしてください。

 

ビール(中びん500ml) アルコール濃度5% で純アルコール量20g
ウイスキー(ダブル60ml)アルコール濃度40% で純アルコール量20g
ワイン(1杯120ml)アルコール濃度12% で純アルコール量12g
日本酒(1合180ml)アルコール濃度15%で純アルコール量22g
焼酎(1合180ml)アルコール濃度25%で純アルコール量36g
缶チューハイ(1缶 350ml)アルコール濃度5%で純アルコール量14g

 

日本人の約半分はもともとアルコールに弱い

アルコールは、肝臓で、まずアセトアルデヒドに分解され、その後、さらに酢酸を経て、無害な水と炭酸ガスへと変換され、最終的に体外へと排出されます。アセトアルデヒドを分解する「アルデヒド脱水素酵素(ALDH)」には、低いアルデヒド濃度でも作用する「アルデヒド脱水素酵素2(ALDH2)」と、高いアルデヒド濃度にならないと作用しない「アルデヒド脱水素酵素1(ALDH1)」があります。なんと日本人の約半分は、「アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)」の活性が弱い、またはまったく無いため、アセトアルデヒドの分解が速やかに行われない、お酒に「弱い」体質なのです。

 

この体質は遺伝により生まれつき決まっています。両親ともにお酒に弱い場合には、お酒に弱い体質である可能性が非常に高いので、無理をせず、体質にあったお酒の飲み方をする必要があるのです。

 

二日酔い予防に効果的な医薬品やサプリメントとは

特にお酒に弱い体質の人は、二日酔い予防に効果的な医薬品やサプリメントを活用して、しっかり対策しておくと安心です。肝臓の働きをサポートしてくれたり、胃腸の調子を整えてくれたりする作用のある医薬品やサプリメントを事前に摂取することで、二日酔いを予防または軽減することができます。

 

ヘパリーゼEX:ゼリア新薬

ヘパリーゼEXには、天然の良質なレバーを消化吸収しやすいように分解した肝臓水怪物と、滋養強壮に効果的なゴミシエキスを配合しているため、肝機能を高めてくれる作用があります。また、カンゾウエキス末とリョウタン末などの胃腸の調子を整えてくれる成分も配合されているため、胃腸が疲れているときに摂取するのも良いでしょう。錠剤タイプなので、お酒を飲む前だけでなく、毎日飲んで肝臓や胃腸の調子を整えるのもおすすめです。

 

新ヘパリーゼ ドリンク:ゼリア新薬

急な飲み会などの場合には、直前にサッと飲めるドリンクタイプがお勧めです。肝臓水怪物であるジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンとともに、疲れを改善してくれるコンドロイチンを配合しています。

 

ハイチオールCプラス60錠:エスエス製薬

ハイチオールCプラスには、アセトアルデヒドの代謝を早めるだけでなく、直接アセトアルデヒドを代謝する作用を持つため、お酒を飲む前だけでなく、飲んだ後にも効果的です。

 

漢方五苓散料エキス顆粒:ツムラ

ツムラ漢方五苓散料エキス顆粒には、利尿作用のある生薬の「猪苓(ちょれい)」が配合されているため、アセトアルデヒドの代謝物を尿と一緒に排出させるのを促す作用があります。また、生薬の「桂枝(けいし)」は、血行を良くして体をあたためることで、頭痛やめまいを予防する作用があります。お酒を飲む前だけでなく、飲酒直後に飲んでも効果が期待できます。

 

漢方黄連解毒湯エキス顆粒A:ツムラ

ツムラ漢方黄連解毒湯エキス顆粒Aには、生薬である「黄連(オウレン)」が配合されているため、胃のむかつきを緩和するとともに、健胃作用が期待できます。五苓散とは反対に、体を冷やす作用を持つため、体がほてったり、喉が渇いたりする二日酔いの症状が出る人におすすめです。お酒を飲む前だけでなく飲んでいる最中や飲酒後に飲んでも効果的です。

 

ウコンの力:ハウスウェルネスフーズ

ウコンには、アルコール分解能力を促進するだけでなく、 肝臓の様々な機能を強化する働きを持つクルクミンが豊富に含まれています。特にお酒を飲む前に飲むことによって、二日酔い予防に高い効果が得られます。

 

最後に

いかがでしたか。ちなみに、飲酒中のおつまみ選びも二日酔い予防には大切です。肝機能を改善する、豆腐や枝豆などのたんぱく質は、積極的に食べるようにすると良いでしょう!二日酔い予防に効果的な医薬品やサプリメントを上手に取り入れて、お酒を心置きなく楽しみましょう!